施術の流れ

 

hiesyou_woman.png  kafun_bottoshiteru.png  kansetsutsuu_kata.png  kansetsutsuu_koshi.png

 

当院では、主訴となる症状に対応していくだけでなく、全体の状態を把握してバランス

 

を整え、陰・陽・気・血・水の巡りをよくして自然治癒力に訴えていきます。

 

また、つらい状態になりにくい環境を整えることで、健康維持を試みます。

 

初診の方は身体全体の状態をより詳しく把握するためにカウンセリングが長くなり

 

施術時間が1時間半ほどかかる場合がございます。

 

時間に余裕をもってご来院下さい。

 

 

 

 

 

building_harikyuu.png

 

【予約】  

当院は、患者さんにゆったり治療を受けていただくために、予約制となっております。

 

illustrain02-monshinhyou01.png

 

【問診表のご記入】 

待合室で、質問項目のある予診表に記入していただきます。

 

この予診表をもとに問診を行いますので、なるべく詳しくお書きください。

 

 

baby_massage.png medical_seitaishi_sejutsu.png tokozure_nurse.png

 

【四診】

東洋医学において、病気の診断の基本となるのは 「四診」です。

四診とは「望診」「聞診」「問診」「切診」のことで、必要な情報を得るための

東洋医学独自の診断法です。

 

四診(望、問、聞、切)

望:視診のことであり視覚的に観察して患者さんの全体的観察, 肉付き, 骨格, 顔色,

  皮膚の艶, 舌などの状態で判断します。

聞:患者さんが発語する音声や呼吸音、患者さんが出す匂いなどで診察します。

問:症状の発生場所、発病時期、原因、経過などの様々な話を聞き情報収集すること。

切:「切」とは中国語で「接」のことで、患者さんに触れたり撫でたり按圧して

  判断します。

  脈の状態を調べることで身体の内部の状態を知ることができます。

  お腹を触ることで症状のことが把握できます。

 

 

medical_harikyu_man.png

 

【施術】 

四診の診断結果により施術に入ります。

 

 

 

seikatsu_syukan_woman_good.pngyubiundou.pngkids_kanpumasatsu.png

 

【終了】 

施術についてのこと、養生法(健康に注意し、病気にかからず丈夫でいられるように

つとめること)を伝えます。